前へ
次へ

肩こりはそれなりに大変ではありますが

筋肉が凝り固まることになって肩こりという現象が起きて辛いわけです。肩こりというのは、頭部を支えている

more

筋力で肩こり解消する

ビジネスマンでもストレスによって肩こりを起こす人が多くいますが、マッサージなどで筋肉を柔らかくするこ

more

肩こりなのか五十肩なのかを判断

肩こりなのか、四十肩や五十肩なのか、曖昧な肩の悩みは医療機関で診断してもらいましょう。肩こりとの違い

more

肩こりを治すには原因を知って対処する

子供のころと言えばあまり体の不調はありません。少しずつ体が大きくなり社会人になりたての頃もそれほど不調は起こりにくいですが、年齢が30歳を過ぎるようになると少しずつ様子が変わってきます。若いころに比べると食べるものが変わって来たり、運動する機会が少なくなるなどが原因なのかもしれません。不調があるとしてもそれがすぐに解消するなら特に心配する必要はありませんが、不調の状態が長く続いたり治ってはまた起こるなどの時には治療した方がいいでしょう。誰でも起こりやすい体の不調の一つとして肩こりがあり、あまり子供の時にはならないかもしれません。早い人だと学生ぐらいから徐々に感じるようですが、受験勉強などで勉強時間が多くなると起きやすくなるようです。なぜ受験勉強で起こるかと言えば、同じ姿勢を取り続けることで発生しやすい不調だからです。無事大学に受かって勉強する時間が少なくなれば次第に不調を感じなくなるでしょう。ただ仕事で起きやすいときは受験勉強のようになくせないので将来的にも続く可能性があります。どうしても肩こりの不調を治したいのであれば、自己流の対処方法ではなく医療機関を受診するようにしてみましょう。最初は整形外科などが良く、レントゲンなどで肩周辺の骨の異常などをチェックできるところを受診します。整骨院に行く人がいますがこちらはレントゲンの設備がないため、骨の様子を調べることができません。柔道整復師が触診で状態を調べた上で治療をしてくれますが、レントゲンで見つかる異常がわからないままだとなかなか治らないときもあります。整形外科で診察を受けると肩こりが起きそうな部分を調べてくれ、骨に異常があるのか、筋肉やその他の部分に異常があるのかがわかります。原因がわかれば後はそれを取り除く治療をしていき、場合によっては生活習慣の見直しなども必要でしょう。デスクワークをしている人は起きやすいとされますが、それは同じ姿勢をすることで肩回りの血行が悪くなるためです。定期的に肩回りを動かす運動をすることで解消できるときもあります。

腰痛の改善は「時田はり・きゅう整骨院」
創業80年以上の接骨院なので様々な施術方法を取り入れています

接骨院 桑名
手術が必要と言われたひどい痛みでも和らいだ治療法

急な歯痛にもスピード対応

Page Top