前へ
次へ

肩こり予防のためにできること

慢性的な肩こりに悩まされている方は大変多いですが、どうしてその症状が出るのか、また、どうすれば予防できるのかをご存知の方は少ないのではないでしょうか。そもそも肩こりとは、首や肩の周りの筋肉の血行が悪くなることで、筋肉に緊張が生じ、痛みや重みを感じる症状のことを言います。血行を悪化させる原因は多々ありますが、ずっと同じ姿勢を続けたり、冷房の効きすぎた部屋に長時間いたりするなどが挙げられます。すなわち、肩こりを予防するためには、これらの行動を取らないように気を付ければ良いのです。とは言っても、デスクワークや長距離の運転など、仕事の都合で現状の改善が難しいという方もいらっしゃることでしょう。そのような場合には、適度に筋肉の緊張をほぐす時間を取り入れることで、症状を軽減させることができる可能性があります。例えば、同じ姿勢を長く続けた時には、一度席を立って首や肩をほぐすストレッチをすると効果的です。

Page Top